にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2015年8月8日~9日に、ホビーセンターカトー東京で開催された“激団サンポール・会津ヨシ!・鉄ちゃん倶楽部の3団体の合同による運転会(Nゲージのジオラマ展示)”「Gフェス サマーレイルジャンボリー」の続きです。

今回は、前回記事の京急押入線レイアウトのとなりに展示されていた「下灘の情景」というタイトルのついた作品です。
(写真1 Gフェス出展のレイアウトから)
Gフェス出展のレイアウトから

作品を少し引いた地位で見ると、全体の構成が鉄道模型レイアウトというよりは、美術系の作品のようになっています。
(写真2 下灘の情景)
下灘の情景

列車を待つホームの乗客や駅付近の情景もすてきです。
(写真3 駅前からホームを見る)
駅前からホームを見る

このように、しっかりと作り込まれた作品は、マニアックに角度を変えながら、いろいろな方向から楽しむことができます。
(写真4 気動車とホーム 前方から)
気動車とホーム 前方から

海側の少し高さの低い位置から見ると、先ほどとは少し違った感じもよいのではないかと思います。
また、後ろには、京急押入線レイアウトがあり、自然な感じで背景となって作品を引き立てています。
(写真5 気動車とホーム 右側面から)
気動車とホーム 右側面から

最後は、少し海側を見るような角度の写真です。3枚とも同じような写真と感じるか、それとも、別物のように感じるかは、人それぞれだと思いますが、いずれにしても、このような作品は、じっくりと何度も見てみる価値があると思います。
(写真6 気動車とホーム 左側面から)
気動車とホーム 左側面から

Gフェス サマーレイルジャンボリーの展示作品も、少しずつ紹介させていただく予定です。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する