にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2015年8月8日(土)・9日(日)の2日間、東京・有明の東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された「鉄道模型コンテスト2015」から、企業モジュールコンテストの1回目です。

今回は、カップ酒・缶詰バー「キハ」作品の鉄道博物館に絞って掲載します。
“ムーミン”こと、EF55形電気機関車が転車台の上にあり、多くの人が見物していることから、すぐに、JR東日本関連で、埼玉県にある「鉄道博物館」ということがわかります。
(写真1 鉄道模型コンテスト 企業モジュールコンテスト から)
鉄道模型コンテスト 企業モジュールコンテスト から

このレイアウト、鉄道博物館全体を細かく再現しています。
(写真2 カップ酒・缶詰バー「キハ」作品の鉄道博物館)
カップ酒・缶詰バー「キハ」作品の鉄道博物館

野外には、ミニ運転列車のコーナーも再現されていて、実際に走行するという楽しさです。
(写真3 鉄道博物館のミニ運転列車など)
鉄道博物館のミニ運転列車など

屋上のパノラマデッキも、たくさんの人で賑わっています。
(写真4 人もたくさんのパノラマデッキ)
人もたくさんのパノラマデッキ

博物館全体で、いったい何人いるんだろうと思うほどの人形は、爪楊枝で作られています。
(写真5 つまようじ人形)
つまようじ人形

裏手には、てっぱくひろばまで、しっかりと再現されています。また、鉄道博物館の脇を通るニューシャトルシャトルもありました。
(写真6 てっぱくひろばやニューシャトルシャトルまで再現)
てっぱくひろばやニューシャトルシャトルまで再現

今年は、参加企業数も増えて、パワーアップした鉄道模型コンテストの企業モジュールコンテストです。
この話題は続きます。また、高校生モジュール部門の作品なども、順次掲載していく予定です。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する