にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
第37回鉄道模型ショウ2015の記録は、昨日(2015年8月8日)に、「鉄道模型コンテスト」にて(公式でも後に一般に公開)京浜急行電鉄の2100形を製品化すると発表して話題になったKATO(関水金属)の展示に移ります。
※鉄道模型コンテストの様子も少しずつ掲載を予定しています。

ますば、“NEW”の印がついた展示を順にご紹介していきます。
はじめは、模型ショウでは、発売直前ということもあり、注目されていた阪急9300系です。
(写真1 阪急9300系 見本展示)
阪急9300系 見本展示

方向幕パーツも一緒に展示するなど、完成度の高さをアピールしていました。
(写真2 阪急9300系・Nゲージの方向幕パーツ)
阪急9300系・Nゲージの方向幕パーツ

つづいて、常磐線E531系や、ワ12000・トラ55000・タム500・コキ200などの貨車です。
なかでも、トラ55000にカバーがついているところや、コキ200のISOタンクの感じがすてきです。
(写真3 常磐線E531系・貨車など)
常磐線E531系・貨車など

そして、房総などで活躍の255系は、257系と一緒に楽しみが広がります。
(写真4 255系・Nゲージ)
255系・Nゲージ

房総といえば、おとなり茨城県の鹿島臨海鉄道6000形もありました。さらに、E3系700番台「とれいゆ つばさ」新幹線も目立ちます。
(写真5 鹿島臨海鉄道6000形・E3系700番台 とれいゆ つばさ ほか)
鹿島臨海鉄道6000形・E3系700番台 とれいゆ つばさ ほか

“NEW”の展示は、まだありますが、昨日の2100形発表でサウンドの話題が出ましたので、サウンドボックスの実演の話題を挟み込みます。
(写真6 E233系 オリジナル スターターセット)
E233系 オリジナル スターターセット

発売予定品展示の近くでは、「E233系3000番台 東海道線・上野東京ライン オリジナル スターターセット」をつかったサウンドボックスの実演が行われていました。
(写真7 E233系とサウンドボックスの実演から)
E233系とサウンドボックスの実演から

走行やドアの開閉音(チャイム)などを手軽に楽しめることをアピールしていました。2100形もこれに対応するようです。
パンフレットたくさん置いてありました。
(写真8 サウンドボックスの案内)
サウンドボックスの案内

第37回鉄道模型ショウ2015の記録は、他の話題とともに、もう少し続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する