にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
イベントに向けた鉄道おもちゃ(プラレール)で、箱根登山鉄道の自動往復運転システムは、出山信号場のモジュールを製作しました。

前回のイベントで製作した大平台駅ポイントのモジュール(写真・上)は、あまりにも突貫すぎる作りでしたので、レールの固定を内側から行うようにして、周りはバラスト風に仕上げました。ポイント用のモーターはこれからになりますので、グレーのボックスに収納しようかと考えています。※配線は大平台駅と同じく裏側です。
ちなみに、大平台駅のポイントのモジュールも手を入れることにしたいと思っています。
(写真1 出山信号場のモジュール プラレール)
出山信号場のモジュール プラレール

さらに、大平台駅については、ポイント・信号機・停止時間などを制御する回路も同じ方が扱いやすいため、出山信号場と同じタイプに作り替えました。
(写真2 出山信号場と大平台駅の制御回路)
出山信号場と大平台駅の制御回路

あと、鉄道おもちゃといえば、久しぶりに架線柱を加工(改造)しました。
おおざっぱに切り落とすところまでは作業しやすいものの、仕上げになると、この材質は少し手間がかかります。
(写真3 久しぶりに加工した架線柱)
久しぶりに加工した架線柱

鉄道模型関係の製作もたくさん残っているので、どんどん進めていきたいと思います。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する