にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
ホビーセンターカトー東京で行われた「特攻野郎Bチーム」の皆さんの作品紹介をしている途中ですが(後日続きを掲載予定です。)、今回は、2015年2月上旬に、東京メトロの関連団体・公益社団法人 メトロ文化財団が運営する「地下鉄博物館」(ちかはく)へ行った際の記録の続きです。

再び、1/20縮尺の大きな鉄道模型で、丸ノ内線02系の赤い電車からです。
(写真1 丸ノ内線02系の模型 1/20縮尺)
丸ノ内線02系の模型 1/20縮尺

サインウェーブが特徴の旧塗装、丸ノ内線300形の模型もありました。
(写真2 丸ノ内線300形の模型 1/20縮尺)
丸ノ内線300形の模型 1/20縮尺

旧型の車両といえば、銀座線の2000形です。新しい黄色い1000系と比べると、ほぼオレンジ色の濃い色もいい感じです。
(写真3 銀座線2000形の模型 1/20縮尺)
銀座線2000形の模型 1/20縮尺

そして、次第に数を減らしている銀座線01系です。
(写真4 銀座線01系の模型 1/20縮尺)
銀座線01系の模型 1/20縮尺

また、置き換えが発表された日比谷線03系の模型もありました。日比谷線の車両らしいデザインがすてきです。
(写真5 日比谷線03系の模型 1/20縮尺)
日比谷線03系の模型 1/20縮尺

すでに引退したり、これから廃車が進む車両ばかりではなく、東京メトロになってからの副都心線・有楽町線10000系の模型もありました。
東急・東武・西武線などの各線の乗り入れ車両として活躍中です。
(写真6 副都心線・有楽町線10000系 1/20縮尺)
副都心線・有楽町線10000系 1/20縮尺

地下鉄博物館も、他の話題を入れながら、もう少し続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する