にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2015年7月3日のブログ記事「イベント用閉そく信号機の制御回路(YGF対応)」に掲載の、イベント用に製作した鉄道模型と鉄道おもちゃ(プラレールなど)共通の閉そく信号機の制御回路について、京浜急行線や成田スカイアクセス線(京成・北総線)で見られるYGF(抑速/YG点滅)や、R(停止)-Rの連続を入れても、G(進行)まで現示できるよう、4区間分追加製作して最大8区間分使用できるようにしました。
(写真1 閉そく信号機回路のテスト プラレールとNゲージ)
閉そく信号機回路のテスト プラレールとNゲージ

Nケージの信号機は手持ちの数が少ないので、とりあえずセンサ(検知)の方式を合わせるところまでです。
イベントに向けては、鉄道おもちゃのストップレールと連動させるATSを1~2箇所程度製作します。
また、その後については、出発・場内信号機・ポイント切り替えとの連動する回路を製作する予定です。
(写真2 4区間分新たに製作した閉そく信号機のイベント用回路)
4区間分新たに製作した閉そく信号機のイベント用回路

このほかにも、同時進行でいろいろと準備を進めています。HOゲージ(16番)の線路も一部新たに購入しました。
(写真3 KATO HOゲージの直線レール)
KATO HOゲージの直線レール

次は、箱根登山鉄道のイベント向け回路の製作をメインに進めていく予定です。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する