にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
イベントに向けた準備で目一杯になっているため、引き続き更新があまりできなくて申し訳ありません。
しばらく、間が開いてしまっている話題も多くなってきてしまっているので、ここで、2015年2月上旬に、東京メトロの関連団体・公益社団法人 メトロ文化財団が運営する「地下鉄博物館」(ちかはく)へ行った際の記録の続き15回目です。

運転台からは、実際にマスコンとブレーキを操作して、車輪が回転させることができると前回書きました。
鉄道博物館(JR東日本)や電車とバスの博物館(東急)などと同じような感じです。
(写真1 100形と台車)
100形と台車

運転席からは、実際の車両では見えない台車の様子がよくわかるようになっています。
(写真2 運転席から見る台車)
運転席から見る台車

通路から見える位置からは、制御機器なども一緒にわかるように配置されています。
(写真3 制御機器と台車など)
制御機器と台車など

このほか、パンタグラフからではない、第三軌条方式による集電も、よく見えるようになっています。
(写真4 第三軌条方式による集電)
第三軌条方式による集電

100形については、主電動機の説明もありました。
(写真5 100形の主電動機の説明)
100形の主電動機の説明

別の集電方法になりますが、 パンタグラフも展示されていて、こちらも上げ下げを体験できるようになっています。
(写真6 パンタグラフ PT-8A形)
パンタグラフ PT-8A形

次回の地下鉄博物館・ちかはくの話題は、館内に展示されている鉄道模型を予定しています。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する