にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
少しずつ製作を進めている103系の横浜線ですが、混色編成につづき、ウグイス色で統一された編成です。
横浜線の中間付随車(サハ)の特徴である非ユニット窓の冷房車(冷改)車両を、KATOの編成に入れるため、グリーンマックスのエボリューション(EVO)キットで作りました。
(写真1 GM EVO サハ103 冷改車・非ユニット窓 横浜線)
GM EVO サハ103 冷改車・非ユニット窓 横浜線

車両の形式と番号はこれからになりますが、所属などは先にインレタの貼り付けを完了しています。
すでに、先日の記事でご紹介しましたように、プチ運転会で先にお披露目となりました。
(写真2 ウグイスの横浜線編成に組み込んだGM EVO サハ103)
ウグイスの横浜線編成に組み込んだGM EVO サハ103

いつものように、室内灯も取り付けていますので点灯します。
(写真3 KATOの足回りを使用して室内灯を取り付けたサハ103)
KATOの足回りを使用して室内灯を取り付けたサハ103

これまで、編成に入れていた非冷房車には、色あせの表現なども考慮して、グリーンマックスの鉄道カラーが合いましたけれど、冷改車には違和感がありましたので、F MODELS から発売のFARBE 黄緑6号で塗装し、カトーの車両とも、かなり近い色合いとなりました。
(写真4 F MODELS FARBE と GM 鉄道カラー 黄緑6号)
F MODELS FARBE と GM 鉄道カラー 黄緑6号

この編成も、KATOの屋根の色が気になりますので、混色編成同様に、少しずつ塗り替えをしていきたいと思っています。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する