にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
寝る時間がほとんどとれないほど忙しかったため、更新を2日お休みさせていただきました。この間もご訪問いただきありがとうございます。箱根登山鉄道(2015年5月中旬)の話題の続き「最終回」です。

強羅駅のプラレール展示に変化がありました。改造して作られた“モニ1形”がありました。しかし、新発売で肝心のアレグラ(3000形)はどこへ・・・。
鉄道模型や鉄道おもちゃが、すぐに製品化されるのも箱根登山鉄道の魅力の一つです。
(写真1 強羅駅のプラレール展示)
強羅駅のプラレール展示

ちなみに、こちらは、実物のモニ1形です。事業用車もすてきです。
(写真2 モニ1形 強羅駅)
モニ1形 強羅駅

それから、強羅駅でも“猫”に出会うことができました。どうやら、お店の飼い猫のようです。
(写真3 駅前のねこ)
駅前のねこ

今回は、塔ノ沢駅ではじめて、ホームから出たのと、駅の中にある弁天様にお参りさせていただきました。
(写真4 塔ノ沢駅 2000形と3000形)
塔ノ沢駅 2000形と3000形

最後に、箱根登山鉄道の車両とお別れして、箱根湯本駅から小田急の車両に乗りましたが、車庫の様子を見たくて、次の入生田駅で降りたところ、車庫(検車区)から回送列車が出てきました。
(写真5 車庫から出てくる箱根登山鉄道の車両 1000形)
車庫から出てくる箱根登山鉄道の車両 1000形

箱根湯本駅と入生田駅の間は3線区間になっていて、線路幅の違う小田急と箱根登山鉄道の両方の車両が走行できます。
ただ、小田原駅まで自社の路線なのに、箱根登山鉄道の車両が行かなくなってしまったのは、未だにさみしい感じがします。
(写真6 入生田駅)
入生田駅

記事を掲載している間に、火山活動は少し落ち着いてきたようで何よりですが、まだ規制が解除されるまでにはなっていないので、1日も早く収束してほしいと願っています。
これから、紫陽花がきれいなシーズンにもなりますので、また、箱根にお出かけしたいと思っています。

京浜急行電鉄のイベント「京急ファミリー鉄道フェスタ2015」も、あと2回くらいでまとめる予定です。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する