にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
箱根登山鉄道(2015年5月中旬)の話題の続きです。

今回は、小涌谷周辺です。まずは、箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝競走)で有名な、小涌谷踏切です。
(写真1 小涌谷踏切 登山電車と伊豆箱根バス)
小涌谷踏切 登山電車と伊豆箱根バス

宮ノ下駅方向は、勾配のあるS字カーブになっていて、登山電車のすごさがわかるポイントの一つです。
(写真2 小涌谷踏切のS字カーブ)
小涌谷踏切のS字カーブ

踏切の近くには、箱根町の消防本部(消防署)や郵便局(箱根宮ノ下郵便局)があります。
火山活動の様子を伝えるためか、中継車など報道関係の車の往来がたくさんありました。
(写真3 箱根町消防本部と中継車)
箱根町消防本部と中継車

この踏切からは、小涌谷駅のホームが見えます。
(写真4 小涌谷駅に向かってくる3000形“アレグラ号”)
小涌谷駅に向かってくる3000形“アレグラ号”

このあたりで、駅にもどりまして、小涌谷駅の駅舎です。
(写真5 小涌谷駅)
小涌谷駅

無人の昔風の改札ながら、ICカードをタッチする機器が目立ちます。
(写真6 小涌谷駅改札と箱根登山電車)
小涌谷駅改札と箱根登山電車

この日は、とても穏やかな1日で、箱根登山鉄道の沿線では、火山活動が活発であることを忘れさせてくれるほどでした。
ただ、休日にもかかわらず極端に人が少なく、観光への影響がかなり大きいことがわかりました。

このほかの箱根の様子も含めて、箱根登山鉄道(2015年5月中旬)は、別の話題を入れながら続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する