にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
前回掲載から約1ヶ月半が経過した2015年5月上旬の旧・田町車両センター跡地再開発の様子です。
このところ常磐線直通列車からでしたが、高架部分の解体を確認するため、久しぶりに京浜東北線の車内からです。

すでに、高架部分は完全になくなってしまっているかと思っていましたら、まだ、一部残ったままになっていました。
(写真1 まだ一部残る解体中の高架部分)
まだ一部残る解体中の高架部分

東京方面に少し進むと、ショベルカーが目立ちます。
(写真2 ショベルカーが目立つ工事現場)
ショベルカーが目立つ工事現場

これまでとあまり変わりないと思われますが、プレハブの建物や工事用の車両がたくさんあります。
(写真3 プレハブや工事用の車両)
プレハブや工事用の車両

その先にも、工場の車両が多くなったように見えます。遠くには、251系です。
(写真4 遠くに見える251系)
遠くに見える251系

さらに、田町駅に近いところには、JRのマークのついたモーターカーがありました。
(写真5 JRマークのついたモーターカー)
JRマークのついたモーターカー

もどりも京浜東北線で、すっかり暗くなってから逆方向に同じところを見ていたところ、遠くに見える車両に車内灯が点灯している様子が、とてもきれいに見えました。
少しずつではありますが、着実に変化しています。引き続き、記録を続けたいと思います。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する