にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
京阪電車の石山坂本(いしやまさかもと)線と併せて、大津線と呼ばれる路線から、京津(けいしん)線の続きです。

上栄町駅から京阪山科駅間の地上区間は、ごく普通の路線に見えます。
(写真1 京阪京津線800系 四宮駅)
京阪京津線800系 四宮駅

途中の四宮駅には、車両を留置しておける線路や事業用車などもあります。
(写真2 四宮駅脇の事業用車と800系)
四宮駅脇の事業用車と800系

京津線は、ローカルな感じがしますけれど、おおよそ15分に1本程度と、それなりに本数がありますので、列車同士のすれ違いも見られます。
(写真3 800系同士のすれ違い)
800系同士のすれ違い

複線ながら、急カーブや勾配もあるため、箱根登山鉄道を思い出すような場所もあります。
(写真4 急カーブや勾配もある列車のみの軌道区間)
急カーブや勾配もある列車のみの軌道区間

前回の記事のメインであった車と一緒に走行する併用軌道区間の浜大津駅前交差点には、黄色矢印も見られます。
(写真5 浜大津駅の交通信号機 黄色矢印)
浜大津駅の交通信号機 黄色矢印

一方、御陵駅から京都市役所駅間の京都市営地下鉄東西線乗り入れ(地下)区間では、ホームドアもある都会的な感じで、決して長くない路線ながら、いろいろな雰囲気を楽しめるという面白い路線です。
(写真6 京都市営地下鉄東西線 三条京阪駅)
京都市営地下鉄東西線 三条京阪駅

京阪京津線の話題(タイトル)は、これで終わりですが、京阪石山坂本線でも、少し京津線について掲載する予定です。
関連記事
コメント
コメント
非公開コメントへのお返事
非公開コメントへのお返事です。

大変お世話になりました。とても、楽しいひとときをありがとうございました。
非公開コメントなので、ここでは、簡単なご挨拶で失礼いたします。
2015/05/11(月) 13:47:46 | URL | Panda NEKO No.1 #cZE63iUQ [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/05/10(日) 19:47:54 | | # [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する