にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
KATOの鉄道模型・Nゲージ、103系一般形(現行品:通勤電車103系 KOKUDEN)の加工(改造)です。
今回は、車体も再塗装・色差しなどを行い、京浜東北線の新動力の編成に組み込むため、モハ103・旧動力を無動力(T車)化して、室内灯を点灯するようにしました。
なお、旧動力にそのまま室内灯を点灯させる加工については、すでに掲載済みです。
(写真1 KATO N 103系一般形 モハ103 無動力化と室内灯)
KATO Nゲージ 103系一般形 モハ103 無動力化と室内灯

また、無動力(T車)化のみについては、同様に掲載済みと思いますが、もとの動力にもどすことができるよう、室内灯の搭載にあたり、この部分はハンダ付けせず、配線は台車固定用のネジを利用するなどしています。
(写真2 モーターを外した旧動力と室内灯用集電加工)
モーターを外した旧動力と室内灯用集電加工

台車部分の清掃や配線が完了した床下パーツに、塗装やインレタの貼り付けなどをして完成した車体をはめ込みます。
つづいて、窓パーツ(塩ビ板)も両サイドに差し込みます。
(写真3 塗装と色差しをしたモハ103の車体)
塗装と色差しをしたモハ103の車体

動力車のため、本来、座席パーツはありませんが、ネジの頭の部分が当たらないように穴を開けると、動力のない中間車のものが、特別な固定が必要なく、ぴったりとはまります。※他の改造で余ったパーツを使用しています。
(写真4 座席の板を加工したものと窓パーツ)
座席の板を加工したものと窓パーツ

最後に、0.5mmのABS樹脂板(東急ハンズ購入)を切り出したものに、フレキシブル基板のLED室内灯を取り付け、ブリッジダイオードの足に配線をハンダ付けをして、(この車両には)スポンジタイプの両面テープで貼り付けて完成です。
(写真5 フレキシブル基板室内灯照明と屋根)
フレキシブル基板室内灯照明と屋根

線路上で、室内灯の点灯を確認します。ちなみに、ボディーは再塗装しているため、透けることはありません。
このほか、動力車に引かせるテストも行ったところ、走行中は、車両が軽くて点灯に影響するため、モーターの空きスペースに10g分のウエイトを入れたところ、とてもいい感じになりました。
(写真6 室内灯点灯確認テスト)
室内灯点灯確認テスト

この車両を含む京浜東北線は、3編成目を製作中です。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する