にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
関西(JR西日本)では、105系をたくさん見ることができます。103系からの改造車もあるほか、103系と105系は共通点も多いため、東京周辺には配属されなかった105系も、どこか懐かしく感じる車両です。

まずは、和歌山駅での105系です。塗色のちがう編成が並びました。
(写真1 和歌山駅での105系の並び)
和歌山駅での105系の並び

和歌山駅の駅名標と一緒に、側面を撮影しましたが、103系そのものに見えます。
(写真2 和歌山駅の駅名標と105系)
和歌山駅の駅名標と105系

105系には、常磐線を思い出す103系からの改造車もたくさん活躍しています。
(写真3 常磐線を思い出す前面)
常磐線を思い出す前面

和歌山市駅で、南海電鉄から乗り換えで乗車した105系はラッピング電車でした。
(写真4 105系ラッピング電車)
105系ラッピング電車

同じ青緑色の105系は、奈良駅でも撮影してきました。
(写真5 奈良駅に停車中の105系)
奈良駅に停車中の105系

運賃箱があるのは、ローカルな感じがします。
(写真6 105系の運賃箱)
105系の運賃箱

関西で見た車両も、引き続き、少しずつ記録していきます。
関連記事
コメント
コメント
予想以上に関西は面白かったです
キネ 様

いつも、ご訪問やコメントなど、いろいろとありがとうございます。

JR東日本は、車両の交代が早くて、どんどん新車になっていってしまいます。
それは、それで楽しいこともありますが、やはり、ずっと変わらない車両を見るのも安心感があります。

JR西日本のエリアにいったら、国鉄時代からの車両を見ようと楽しみにしていましたが、あまりにも普通にたくさんやってくるので驚きました。
そのお陰で、予想以上に面白かったです。

ただ、報道発表もあるように、JR西日本も、これからは車両の置き換えが進んでいきそうなので、今がチャンスなと思います。

私も、近いうちに、もう一度出かけたいと思っています。
2015/05/09(土) 00:27:19 | URL | Panda NEKO No.1 #cZE63iUQ [ 編集 ]
懐かしの…
こんばんは。JR東日本から姿を消した103系や103系から改造された105系がいまだに現役のJR西日本エリア。関東から見ると10年ぐらい前に時間が戻ったような感じです。和歌山線の105系も国鉄時代からの塗装も見ることが出来てラッキーでしたね。
この記事を見たら関西に行きたくなりました。
2015/05/07(木) 21:55:17 | URL | キネ #yti3Gyoo [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する