にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
先日訪問の関西の鉄道から、京阪大津線と呼ばれる路線より、滋賀県大津市の石山坂本(いしやまさかもと)線です。
Bトレインショーティー(鉄道模型)の「けいおん!」ラッピング車を購入したときに、一度、乗車してみたいと思っていた路線です。このたび、ようやく訪問することができました。

いろいろなラッピング施された2両編成の電車がたくさん走行しています。
(写真1 京阪石山坂本線 ラッピング電車)
京阪石山坂本線 ラッピング電車

現在力を入れているのは、「ちはやふる」のラッピング車です。
(写真2 ちはやふる ラッピング車 前面)
ちはやふる ラッピング車 前面

車両の前面のみならず、側面や車内も大変こだわっています。
(写真3 ちはやふる ラッピング車 側面)
ちはやふる ラッピング車 側面

乗務員室との仕切り部分も、しっかりと“ちはやふる”仕様です。
(写真4 京阪石山坂本線 ラッピング電車の車内)
京阪石山坂本線 ラッピング電車の車内

この電車を撮影した近江神宮前駅では、京阪電車が一所懸命広報しているの鉄道むすめ“石山ともか”のボードも設置されていました。
ちなみに、明日(2015年4月25日)から、千葉県の幕張メッセで2日間にわたり開催される「ニコニコ超会議2015」でも、“石山ともか”関連のグッズを販売すると告知されています。
(写真5 近江神宮前駅の鉄道むすめ“石山ともか”)
近江神宮前駅の鉄道むすめ“石山ともか”

この日(時間)は、“ちはやふる”ラッピング車が車庫の奥にいたため、一つ先の南滋賀駅まで乗車して、歩いて一駅もどってきました。
南滋賀駅と近江神宮前駅の間には、駅名の通り天智天皇を祀った「近江神宮」があります。お参りをさせていただきましたが、地元の方のお宮参りや、観光バスなどで訪れる観光客などで、ほどよく賑わっていました。
(写真6 近江神宮と京阪石山坂本線の踏切)
近江神宮と京阪石山坂本線の踏切

もどってきましたら、この前に浜大津駅で見かけた「中二病でも恋がしたい」のラッピング車がやってきました。
(写真7 中二病でも恋がしたい ラッピング車)
中二病でも恋がしたい ラッピング車

数多くのラッピング車があるため、ラッピング車同士が駅で並ぶこともしばしばあります。
(写真8 ラッピング車の並び 近江神宮前駅)
ラッピング車の並び 近江神宮前駅

写真の掲載は前後していますが、近江神宮から近江神宮前駅へ向かう途中、すでに車庫には「ちはやふる」ラッピング車の姿はなく、車庫側の駅手前で待機していて、その後同駅に入線してきました。始発電車で長めに停車していたこともあり、たくさん撮影できたというわけです。

京阪石山坂本線の話題も続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する