にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
お陰様で、無事に関西(大阪)から、もどってくることができました。現地では、いろいろな方にお世話になり、感謝しています。また、せっかくノートくPCを持って行ったものの、余裕がなく、更新や訪問などができず申し訳ありませんでした。
帰ってきて、いろいろと溜めてしまったことに対応していますので、とりあえず、未掲載の2・3日目のダイジェストを記事にしたいと思います。(後日、それぞれについて、詳細を記事にする予定です。)

まず、はじめは、関西のこんな駅を訪問しました・・・と言いたいところですが、実は、鉄道模型のレイアウトのワンシーンです。本物みたいな精巧な作りです。
いつも、いろいろとお世話になっている、みかん・梅・パンダなどで有名な県の「た625さん」のご自宅を訪問させていただきました。先日、鉄道模型雑誌でも紹介され、レイアウトにもどったジオラマなど、いろいろと拝見しました。
(写真1 た625さんご自宅のレイアウトから町中駅)
た625さんご自宅のレイアウトから町中駅

その紹介されたジオラマの実物でもある和歌山電鐵貴志川線に乗車してきました。
車庫もある伊太祁曽駅では、はじめてニタマ駅長に会いました。
(写真2 ニタマ駅長 和歌山電鐵伊太祁曽駅)
ニタマ駅長 和歌山電鐵伊太祁曽駅

もちろん、猫ながら執行役員まで出世した“たま”にも再び会うため、終点の貴志駅も行きました。
前回は、旧駅舎でしたけれど、皆さんからの募金などで立派になった新しい貴志駅はすてきでした。
(写真3 たま電車 和歌山電鐵貴志駅)
たま電車 和歌山電鐵貴志駅

大阪はどうした・・・という声が聞こえそうですが、大阪の天王寺駅ほかで、103系をはじめ、JR東日本(関東)では、見られなくなってしまった形式の車両の写真をたくさん撮ることができました。
(写真4 天王寺駅阪和線ホーム)
天王寺駅阪和線ホーム

鉄道おもちゃのプラレールでも発売されているオレン色の大阪環状線103系は、高運転台車も見ることができました。
この位置からは、話題の「あべのハルカス」も、よく見えます。
(写真5 大阪環状線103系オレンジ 天王寺駅)
大阪環状線103系オレンジ 天王寺駅

そして、前日は、こちらも大変お世話になっている鉄道模型・レンタルレイアウト店の「亀屋」さんを、はじめて訪問し(いつも東京でお会いするばかりなので)、楽しみにしていた車両を走らせることができました。
こちらで、103系の撮影ポイントなどを教えていただき、関西形(JR西日本)の103系のHO模型なども見させていただきました。
(写真6 鉄道模型「亀屋」 より なんば・日本橋)
鉄道模型「亀屋」 より なんば・日本橋

亀屋さんにお邪魔する前には、予定外のところへ急遽向かいました。
東海道線の車窓から、クモル145+クル144が見えたのです・・・。途中からもどり(改札も出て料金も支払っています。)、激しい雨にもかかわらず、向日町の駅から地図も持たずに、探しに行ってしまいました・・・。
(写真7 クル144 吹田総合車両所京都支所)
クル144 吹田総合車両所京都支所

さらに、この前は近鉄のホームから、関東ではめずらしい車両が見えたため、JR線の京都駅ホームへと向かいました。
117系ほか、この機会に見ておかなくてはと思う車両に、たくさん出会うことができました。
(写真8 117系ほか 京都駅)
117系ほか 京都駅

近鉄の京都駅ホームに降りたのは、春日大社(奈良公園)に行った後、近鉄奈良駅でビスタEXを見かけて、やはりどうしても乗りたくなったので、大和西大寺駅から京都駅まで、この車両の2階席に乗車してしまったからです。
(写真9 近鉄 ビスタEX 30000系 近鉄奈良駅)
近鉄 ビスタEX 30000系 近鉄奈良駅

あと、メインの103系といえば、京都駅では、2種類のライトが並ぶシーンも見ることができました。
また、スカイブルーの車両が入線してくることもあり、ちょっとびっくりしました。
(写真10 103系低運転台車 京都駅)
103系低運転台車 京都駅

当初の予定は・・・というくらい、たくさん時間をもらって、関西の鉄道を楽しませていただきました。
後日、テーマごとに詳しく、記事にまとめたいと思います。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する