にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2015年2月上旬に、東京メトロの関連団体・公益社団法人 メトロ文化財団が運営する「地下鉄博物館」(ちかはく)へ行った際の記録の10回目です。

地下鉄工事関係の続きで、新宿三丁目駅の構造を紹介した模型などです。
(写真1 新宿三丁目駅の構造の紹介)
新宿三丁目駅の構造の紹介

副都心線と丸ノ内線が交差する新宿三丁目駅の地下の様子です。構造がわかる鉄道模型のジオラマも面白いと思います。
(写真2 副都心線 新宿三丁目駅)
副都心線 新宿三丁目駅

そして、もう一つ副都心線のルートの一部を、地形断面模型にした展示もありました。
(写真3 副都心線地形断面模型)
副都心線地形断面模型

地形や交差する路線などとの関係が理解できます。
(写真4 丸ノ内線新宿三丁目駅)
丸ノ内線新宿三丁目駅

地上部分をみても、広い範囲で見ると、結構起伏があることに気がつきます。
(写真5 地形断面模型の地上の様子)
地形断面模型の地上の様子

地下鉄工事の関係を見終えて、次のコーナーに移動します。
(写真6 バックミラーが気になる車両)
バックミラーが気になる車両

次回の地下鉄博物館は、バックミラーが気になる車両から続ける予定です。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する