にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
こちらは、さらに久しぶりとなる相鉄・JR直通線(相鉄・東急) 仮称:羽沢駅の工事の様子です。
今回は、これまでの釜台・常盤台と反対の環状2号線側から、神奈中バスを利用してJR貨物 横浜羽沢駅へ向かいました。※この路線は、少し前まで横浜市営バスの路線でした。
(写真1 羽沢貨物駅バス停 神奈川中央交通)
羽沢貨物駅バス停 神奈川中央交通

バス停前の歩道橋仮設スロープ入口には、「相鉄・JR直通線を作っています」の看板があります。
(写真2 相鉄・JR直通線を作っています 看板)
相鉄・JR直通線を作っています 看板

スロープを上がりきると、正面に仮称:羽沢駅予定地が見えます。
前回のときと比べると、地味ながらかなり工事が進んでいることがわかります。
(写真3 仮称:羽沢駅の工事)
仮称:羽沢駅の工事

羽沢歩道橋から真下を見ると、地下道のようなものも見られました。
(写真4 地下道のようなもの)
地下道のようなもの

上がってきたスロープ側は、仮称:羽沢駅ホーム、新横浜駅(東急線直通)・鶴見駅(JR横須賀線直通)方面側の先端部分あたりとなります。
(写真5 仮称:羽沢駅 新横浜駅・鶴見駅方面側)
仮称:羽沢駅 新横浜駅・鶴見駅方面側

前回記事からだいぶたちますので、確認の写真なりますが、となりはJR貨物横浜羽沢駅です。
(写真6 JR貨物 横浜羽沢駅)
JR貨物 横浜羽沢駅

再び、もとの位置からにもどり、東海道貨物線の鶴見駅方面に、たくさんの人の姿が見えました。
(写真7 東海道貨物線 鶴見駅方面に集まる係員)
東海道貨物線 鶴見駅方面に集まる係員

線路上で何か作業をしているようですし、日中の羽沢貨物駅は、ほとんど何も通らないので油断していましたら、185系の回送列車が通過していきました。
(写真8 羽沢貨物駅を通過していく185系)
羽沢貨物駅を通過していく185系

相鉄・JR直通線 羽沢駅の工事は、今回、仮称:羽沢駅から分岐する地点の、相鉄・東急直通線方面のトンネル工事付近も様子を見てきましたので、続きを掲載する予定です。
関連記事
コメント
コメント
確かにそうですね
安房鴨川 様

コメントありがとうございます。

確かにいわれてみると、東京メトロや都営地下鉄を介さず、さらにJR線と直接結ばれるのは珍しいと思います。

しかも、相鉄線が、西谷駅から分岐して、JR線や東急線と直通運転を行うこと自体も、夢のような驚きの話でしたので、不思議な感じでです。

とはいえ、東京では、副都心線の直通や、上野東京ラインの開業と、やはり、驚くようなことが次々と実現していますから、こちらも楽しみです。

相鉄、小田急、横浜市営地下鉄に加えて、「海老名」ゆきや「湘南台」ゆきの表示も、さらに増えるのですね・・・。経由地なども混乱しそうです・・・。
2015/04/05(日) 02:44:18 | URL | Panda NEKO No.1 #cZE63iUQ [ 編集 ]
相互直通の工事、着々と進んでいますね!今考えると、JRと私鉄が相互するのって珍しくないですか?間接的ですが、小田急と常磐線がくっついてるくらいしかないような・・・僕は一応東急沿線民ですが、副都心線とつなげた時みたいに「海老名って何があるの?湘南台って何?」みたいな意見がまた飛び交う予感がします(笑)
2015/04/05(日) 00:07:35 | URL | 安房鴨川 #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する