にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2015年2月上旬に、東京メトロの関連団体・公益社団法人 メトロ文化財団が運営する「地下鉄博物館」(ちかはく)へ行った際の記録の9回目です。

前回の「泥水式シールド工法」を紹介している場所の近くに、御茶ノ水駅付近のジオラマがあります。
(写真1 御茶ノ水駅付近のジオラマ)
御茶ノ水駅付近のジオラマ

中央線快速・総武緩行線(総武線各駅停車)・丸ノ内線の鉄道模型がそろっています。
(写真2 中央線・総武線・丸ノ内線)
中央線・総武線・丸ノ内線

そして、工事の紹介は、「開削工法の施工」となります。
(写真3 開削工法の施工手順)
開削工法の施工手順

こちらも、模型を使ってわかりやすく説明しています。
(写真4 開削工法の施工手順から)
開削工法の施工手順から

博物館にはよくありますけれど、ボタンを押すと照明がつくなどして、解説が始まるものです。
(写真5 解説の開始ボタン)
解説の開始ボタン

さらに、前回も出てきた「シールドマシン カッティングディスク」も展示しています。
とにかく、大きいのに驚きます。
(写真6 シールドマシン カッティングディスク)
シールドマシン カッティングディスク

地下鉄博物館は、他の話題を入れながら、もう少しつづきます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する