にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
ここ数日忙しくて、2日ほど続けてブログの更新をお休みさせていただきました。
さて、昨日(2015年3月14日)に行われたダイヤ改正で、上野東京ラインも開業しました。赤羽駅まで行くため、初日に品川駅から常磐線直通の上野東京ラインに乗車しました。
(写真1 品川駅9・10番線 常磐線直通列車ホーム)
品川駅9・10番線 常磐線直通列車ホーム

品川駅の9・10番線は、常磐線直通列車のホームということで、E531系の快速やE657系の特急などが入線するようになりました。
なお、そのほかの東海道線ホームの案内にも、「上野東京ライン」と書かれるようになりました。
(写真2 上野東京ラインが表記された案内板)
上野東京ラインが表記された案内板

常磐線直通列車の一部のホーム階段には、特急「ひたち」「ときわ」の宣伝がありました。
(写真3 階段の常磐線特急「ひたち」「ときわ」の宣伝)
階段の常磐線特急「ひたち」「ときわ」の宣伝

そして、初日ということもあり、JR東日本の関係者の姿も多数見られました。
(写真4 JR東日本の関係者も多い品川駅ホーム)
JR東日本の関係者も多い品川駅ホーム

さて、乗車した列車が品川駅から出発すると、いつもとはちょっとちがう位置からの景色となり、新鮮な感じでした。
(写真5 品川駅出発後新しい光景の上り東京方面)
品川駅出発後新しい光景の上り東京方面

この先の田町駅付近から先は、しばらくいつもと変わらない東海道線となりますが、東京駅を出るといよいよ「上野東京ライン」の線路を通ります。
途中、神田駅付近は、高架の上の高架ということで、かなり高い位置となりますので、京浜急行線の京急蒲田駅付近や京成線の青砥駅付近のような景色を期待しましたが、東京の中心部は高いビルだらけで、しかも、高架線の壁も高いことから、車内からはそれほど高いという感じには見えませんでした。
(写真6 上野東京ライン 神田駅付近)
上野東京ライン 神田駅付近

神田駅を過ぎると、まもなく秋葉原駅付近です。これまでは、京浜東北線・山手線ホームから、上野東京ラインを通る列車を見ていましたのとは反対に、同駅を見ながら通過していきます。
(写真7 上野東京ライン 秋葉原駅付近)
上野東京ライン 秋葉原駅付近

その後、御徒町駅を通過して、上野駅に到着しました。赤羽駅へ向かいますので、常磐線直通列車を降りて、ホーム向かいかに到着する宇都宮線直通列車に乗り換えました。
上野駅の駅名標も、宇都宮線・高崎線方面と常磐線方面の2方向の次駅が書かれていいました。
(写真8 上野駅の駅名標)
上野駅の駅名標

これから、いろいろな時間帯に乗車してみないと何とももいえないところではあるものの、今回の経路や時間帯では、便利になったと感じました。

そのほかにも、上野東京ラインについて、いくつかありますが、また別の機会に記事にできればと思っています。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する