にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2015年2月上旬に、東京メトロの関連団体・公益社団法人 メトロ文化財団が運営する「地下鉄博物館」(ちかはく)へ行った際の記録の5回目です。

展示車両の銀座線1001号車の手前、ホーム入口には、再現品のターンスタイルの自動改札機が設置してあります。
地下鉄が開業した当時、すでに、このようなシステムになっていたのはすごいことだと思います。
(写真1 ターンスタイルの自動改札機)
ターンスタイルの自動改札機

そして、車内に入ると、同時の人々の様子を再現した人形が配置されています。
(写真2 銀座線1001号車 車内の人形)
銀座線1001号車 車内の人形

反対側の運転席には、運転士の人形もありました。夜中に一人で見ると、ちょっと怖いかもしれません・・・。
(写真3 銀座線1001号車 運転席の運転士の人形)
銀座線1001号車 運転席の運転士の人形

このほか、車内では、ドア付近の手すりや、自動で跳ね上がるつり革などが特徴的です。
(写真4 銀座線1001号車の車内)
銀座線1001号車の車内

あと、車内に掲示されている注意書きには、お断りとして、たばこを“のむ”などの表現も見られます。
(写真5 車内の注意書き)
車内の注意書き

ホームの紹介が後回しになってしまいましたが、銀座線の昔の上野駅ホームを再現したもので、「うへの」という表記になっていました。
(写真6 再現した銀座線上野駅の昔のホーム)
再現した銀座線上野駅の昔のホーム

地下鉄博物館の話題は、まだまだ続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する