にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2015年2月6日(金)から8日(日)まで、ランドマークホールにて開催された「ヨコハマ鉄道模型フェスタ2015」から、初日の様子の続き11回目です。

前回のグリーンマックスのレイアウト紹介で、すでにKATOの一部も掲載済みですので、その続きからとなります。
KATOの大きなレイアウトでは、長い新幹線も格好良く見えます。奥には、少し古い駅があります。
(写真1 古い駅と住宅地を通過する新幹線)
古い駅と住宅地を通過する新幹線

KATOのレイアウトにも工場のシーンがあり、グリーンマックスとはまた違った風景となっています。
(写真2 KATOの工場のジオラマ)
KATOの工場のジオラマ

ここから、TOMIXのレイアウトに移ります。
箱根登山鉄道の新型車両3000形の展示にぴったり合うような山の情景です。
(写真3 登山電車に合う風景)
登山電車に合う風景

実際にありそうな鉄橋のシーンもすてきです。
(写真4 箱根の景色のような鉄橋のシーン)
箱根の景色のような鉄橋のシーン

そして、同じような山の景色でも、もっと標高の高いところをイメージした雪景色のシーンもありました。ロープアウェイなどもあって、雰囲気がとてもよく出ています。
(写真5 雪景色)
雪景色

このほか、TOMIXらしいのは、信号機が設置してあるレイアウトです。車両の通過によって、信号が変化していくのは楽しいものです。
(写真6 信号機)
信号機

トミックスも大きなレイアウトですので、遠くから見ると゛しっさいの景色を見ているかのようです。
手前の大きなカーブを新幹線が通過していきます。
(写真7 大きなカーブと新幹線)
大きなカーブと新幹線

こちらの建物と踏切のあるシーンは初めてではありませんが、よく見ると看板が変わっていることに気がつきました。少しずつ手を入れて変化をつけているようです。
(写真8 微妙な変化が見られる建物)
微妙な変化が見られる建物

ヨコハマ鉄道模型フェスタ2015の話題は、次回が最終回です。
関連記事
コメント
コメント
いつも楽しく拝見しています
がおう☆ 様

コメントありがとうございます。
私も、がおう☆さんの記事拝見しています。全体の情景から、架線を張るなど細かい作業まで、ついも楽しませていただいています。

さて、ヨコハマ鉄道模型フェスタは、回を重ねるごとに来場者が多くなり、土・日はゆっくり見られないほど賑わうようになりました。

関東全体で見ると、多くの鉄道模型関連のイベントがありますが、どのイベントも盛況なので、驚きます。
たくさんの機会があることは、とてもありがたいと思っています。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
2015/03/04(水) 12:34:31 | URL | Panda NEKO No.1 #cZE63iUQ [ 編集 ]
ありがたい情報です
初めまして、がおう☆と申します。
ちょこちょこ拝見させていただいております。
関東のイベントは、見に行ける事は無いので、こういう情報は有難いですね。規模も大きいんでしょうね。会場の雰囲気や各ブースの表情が伝わってきます。
2015/03/03(火) 13:01:47 | URL | がおう☆ #SFo5/nok [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する