にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2015年2月6日(金)から8日(日)まで、ランドマークホールにて開催された「ヨコハマ鉄道模型フェスタ2015」から、初日の様子の続き9回目です。

物品販売関連のブースの続きは、「日本車輌・日車夢工房」からです。
(写真1 日本車輌・日車夢工房ブース)
日本車輌・日車夢工房ブース

いつも、何かと話題が多いのですが、今年はやや地味な感じがしました。
発売されたばかりのリニアモーターカーのプラレールがありました。
(写真2 プラレール・Bトレなど)
プラレール・Bトレなど

お隣には、壁に キハ40や京王5000系の1/80プラキット(鉄ホビ・ダイレクト)があり、気になります。
(写真3 キハ40・京王5000系 1/80キット)
キハ40・京王5000系 1/80キット

このほか、今年もいろいろなメーカーの商品をピックアップして販売している「フェスタショップ」がありました。
(写真4 フェスタショップ)
フェスタショップ

こちらでは、Nゲージの東急電鉄 5050系4000番台「Shibuya Hikarie号」、西武9000系「幸運の赤い電車(RED LUCKY TRAIN)」、小田急3100形NSE(ロマンスカー)など、注目の商品が並びます。
(写真5 Nゲージ 東急5050系・西武9000系・小田急3100形)
Nゲージ 東急5050系・西武9000系・小田急3100形

さらに、ホビーセンターカトーオリジナルの収納BOX (元)京急230形 デハ268も販売していました。
(写真6 元京浜急行230形・赤い電車の収納BOX)
元京浜急行230形・赤い電車の収納BOX

あとは、出版関係から、「月刊とれいん」のブースなどもありました。
ほかにも、いろいろと出店があり、会場でしショップ限定品などが購入できるのはとても便利です。
(写真7 月刊とれいんブース)
月刊とれいんブース

ここで、ホール内のレイアウト・ジオラマへと移動します。
奥の出入り口付近では、江ノ島電鉄のマスコットキャラクター“えのん”がいました。
翌日には、京急電鉄の“けいきゅん”も加わり、より賑やかになったようです。
(写真8 江ノ島電鉄のキャラクター“えのん”)
江ノ島電鉄のキャラクター“えのん”

次回のヨコハマ鉄道模型フェスタ2015は、ホール内のレイアウト・ジオラマを記録していく予定です。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する