にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
久しぶりに、京急大師線港町駅方面に用事があったため、帰りに駅ビルの工事の様子を見て帰ろうとしたところ、(大師線の)1番線ホームに、 1500形を使用した貸切列車が止まっていました。
(写真1 貸切列車と小島新田ゆき 京急川崎駅)
貸切列車と小島新田ゆき 京急川崎駅

表示も、「貸切」で、列番は「99」となっていました。
(写真2 1500形「貸切」の表示)
1500形「貸切」の表示

この列車が入線する前には、新1000形も運用に入っていました。最近はだいぶ珍しくなくなりましたけれど、それでも特別な感じがします。
(写真3 京浜急行 大師線の新1000形)
京浜急行 大師線の新1000形

改札に入る前には、元の目的の 駅ビル工事現場を見てきました。
お見る休みで工事が行われていないところを、ネコが2匹で追いかけっこしていました。
(写真4 駅ビル工事現場で追いかけっこする猫)
駅ビル工事現場で追いかけっこする猫

工事現場内を悠々とお散歩しています。
(写真5 ネコと京急1500形)
ネコと京急1500形

また、しばらく動きがないように見えた駅ビル工事は、気がつくとすでに建物が建ちはじめていました。
(写真6 京急川崎 駅ビル工事の様子 2015年2月下旬)
京急川崎 駅ビル工事の様子 2015年2月下旬

京急川崎駅の改札入口側から見ても、建物が見えるようになってきています。
(写真7 京急川崎駅)
京急川崎駅

東海道線などのJR川崎駅北口自由通路の工事と関連して進められていますので、どちらも、ときどき記録を残しておきたいと思っています。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する