にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
40年くらい前からずっと家にある鉄道模型のHO(16番)ゲージ、103系・京浜東北線、クモハ103のパンタグラフを交換しました。
(写真1 エンドウ製PS-16パンタグラフと103系)
エンドウ製PS-16パンタグラフと103系

車両自体が古いため、それなりで、できるだけ安価に済ませるため、「エンドウ PS-16 銀 1/80」にしました。
(写真2 エンドウ PS-16 銀 1/80 パンタグラフ)
エンドウ PS-16 銀 1/80 パンタグラフ

元のパンタグラフのピッチが16mm×14mmなので、ちょうどよく取り付けられます。なお、ねじなどは付属していないので、車両に取り付けられていたものをそのまま使います。
(写真3 103系 パンタグラフの交換)
103系 パンタグラフの交換

最近の製品に比べると、さすがに今ひとつな感じですが、パンタグラフが壊れたままよりは、走らせたときに気分がよくなります。
(写真4 カツミ クモハ103形 HO 1/80)
カツミ クモハ103形 HO 1/80

いずれは、車体の色を塗り直すなど、全体の手入れをしたいと思っています。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する