にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
鉄道模型関係のイベント、JAM(国際鉄道模型コンベンション)への出展や、JNMA(日本Nゲージモデラーズ協会)フェスティバルの出店(大阪亀屋さんとの共同出店)などで、お世話になっている「庄龍鉄道」さんが、新室内灯キット「GlanzLight」の発売をまもなく開始するということで、事実上のクラブメンバーが集まり、ミニ運転会を兼ねたお披露目会を行いました。
スタートは、hiraさんがお持ちになった近鉄特急が走行しました。
(写真1 庄龍鉄道レイアウトと近鉄特急)
庄龍鉄道レイアウトと近鉄特急

今回は、特別にオーナーさんのご自宅での開催となり、ちょっとしたレンタル店に見えなくもないレイアウトで、ミニ運転会となりました。もちろん、そんなに大きなレイアウトではありません。
(写真2 まるでレンタルレイアウトのような庄龍鉄道レイアウト)
まるでレンタルレイアウトのような庄龍鉄道レイアウト

さて、まもなく発売開始の鉄道模型用室内灯キットは、「グランライト/GlanzLight」と名付けられ、これまでのものと比べると、半田付けの箇所が少なくなったり、取り付けが少し簡単になるなど、いろいろと改良されています。
(写真3 まもなく発売開始の室内灯「グランライト」)
まもなく発売開始の室内灯「グランライト」

私のところでも、事前にサンプルをお預かりして、問題箇所がないかどうかや取り付け方法のチェックなど、お手伝いさせていただきました。
(写真4 新室内灯「GlanzLight」サンプルのテスト)
新室内灯「GlanzLight」サンプルのテスト

実際の車両(京浜東北線103系など)にも取り付けて、テストを行ったりもしました。
(写真5 車両に取り付けての室内灯キットのテスト)
車両に取り付けての室内灯キットのテスト

そして、ミニ運転会終了の頃には、無責任男。さんの東武鉄道7300系の鉄コレも登場しました。いろいろと手を加えられていて、こだわりを感じました。
(写真6 東武鉄道7300系の鉄コレ)
東武鉄道7300系の鉄コレ

なお、新室内灯キットの「グランライト/GlanzLight」については、近日中に、製造販売元の「庄龍鉄道」様や、販売店様から、具体的な商品の種類や販売金額などの発表があると思いますので、そちらでご確認いただければと思います。

また、この日は、ライトに関する別のテストも行いましたので、こちらの成果については、後日別の記事で掲載したいと思います。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する