にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
今日の未明に、寝台特急「北斗星」が来年3月で引退するという、共同通信の記事がアップされました。
理由は、これまでも話が出ていたとおりの北海道新幹線開業と客車の老朽化です。

以前の記事でも少し紹介したことがありますけれど、十数年前に「北斗星」のA寝台個室ロイヤルを、函館→上野間で利用しました。ガード式ではなく、普通の鍵を使うタイプでしたので、JR北海道の車両だったと思います。
(写真1 北斗星 個室ロイヤルの室内 乗車時撮影)
北斗星 個室ロイヤルの室内 乗車時撮影

そのときにもらったものも、今でもしっかりと保存しています。
乗車時に確認しましたが、このほかにも、記念にいくつか持って帰ってきてよいものがありました。
(写真2 A寝台個室ロイヤル利用でもらったもの)
A寝台個室ロイヤル利用でもらったもの

先日の尾久車両センターの公開でも、“北斗星”がやや強調されているように感じましたので、やはり終わりが決まっていたものと思われます。
(写真3 尾久車両センターの公開から)
尾久車両センターの公開から

来年3月のダイヤ改正以降も、「あけぼの」同様に、臨時列車での運行の余地を残しているようですが、定期列車としてなくなってしまうのは、とてもさみしい気がしています。
(写真4 尾久車両センターで北斗星を表示の客車)
尾久車両センターで北斗星を表示の客車

今回は、よくある「関係者によると・・・」となっていますので、近いうちに、JR東日本、JR北海道から正式に発表がある際に、どのような内容になるかが気になるところです。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する