にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2014年11月15日(土)、東京都交通局志村車両検修場にて「都営フェスタ2014 in 三田線」が開催されました。その様子からの4回目・最終回です。

フォークリフトにつづき、こちらも東京都のマークが目立つ作業車両がありました。遊びで乗るなら楽しそうです。
(写真1 車両工場内の作業車両)
車両工場内の作業車両

車両工場のイベントでは、ほとんどのところで見られるパンタグラフの展示がありました。
三田線の菱形パンタグラフのほか、参考展示のシングルアームパンタ、大江戸線の小型のかわいいパンタグラフもみられました。
(写真2 パンタグラフの展示)
パンタグラフの展示

これも同じく定番の主電動機です。6300形のものです。
(写真3 主電動機)
主電動機

今回も、主電動機が一列にたくさん並べられていました。
(写真4 今回もずらりと並ぶ主電動機)
今回もずらりと並ぶ主電動機

今開催では全体的にコーナーが少なくなっていましたけれど、E5000形電気機関車のモデルを使った記念撮影や、大江戸線の車両のドア開閉体験はありました。
(写真5 電気機関車のモデルで記念撮影)
電気機関車のモデルで記念撮影
(写真6 ドア開閉体験)
ドア開閉体験

いつもの順番からですと、次回の都営地下鉄のイベントは、浅草線の馬込検修場になると思いますが、次開催も楽しみにしています。
4回に分けて掲載した「都営フェスタ2014 in 三田線」の話題は、これで終わりです。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する