にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2014年11月8日(土)に、西武秩父線横瀬車両基地で開催された「西武トレインフェスティバル2014 in 横瀬」の様子からの4回目です。

今回も保存車両からとなり、西武101系ですが、前回の車両とは事情が異なります。
(写真1 保存車両 西武101系)
保存車両 西武101系

2014年(今年)2月の大雪により、被害を受けてしまった車両で、冷房機を見ても大きくへこんでしまっています。
(写真2 大雪の影響で大きく損傷した冷房機)
大雪の影響で大きく損傷した冷房機

貨車のスム201も被害を受けたそうです。
(写真3 スム201)
スム201

そして、何よりも横瀬車両基地の建物(検修棟)自体が壊れてなくなってしまっています。
そのため、車両基地の風景やフェスティバルでの展示も大きく変わりました。
(写真4 大雪により壊れた横瀬車両基地の建物)
大雪により壊れた横瀬車両基地の建物

あと、少し離れたところには、5000系の前面部分やシートに包まれた蒸気機関車などがありました。
(写真5 西武5000系の前面部分)
西武5000系の前面部分

こちらは、保存車両ではありませんけれど、赤色灯のついた西武鉄道の車もとめてありました。
(写真6 西武鉄道の赤色灯のついた車)
西武鉄道の赤色灯のついた車

西武トレインフェスティバル2014 in 横瀬 からの話題は、もう数回続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する