にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2014年11月15日(土)、JR東日本の尾久車両センターで開催された「第14回みんな集まれ!ふれあい鉄道フェスティバル」の様子からの1回目です。

尾久車両センターは、JR東北本線(宇都宮線・高崎線)尾久駅に隣接しています。
(写真1 宇都宮線・高崎線 尾久駅)
宇都宮線・高崎線 尾久駅

この日は、東京都交通局志村車両検修場にて「都営フェスタ2014 in 三田線」も開催されていたため、高島平駅から都営三田線で西巣鴨駅まで行き、そこから都営バス(草64)を利用して、JR尾久駅へ向かいました。※帰りはJR線利用です。
(写真2 都営バス 尾久駅前バス停)
都営バス 尾久駅前バス停

同駅脇にある地下道の入口にある避難場所案内は、「JR田端・尾久操車場」と書かれていました。
(写真3 避難場所案内 JR田端・尾久操車場)
避難場所案内 JR田端・尾久操車場

尾久駅と尾久車両センター下をくぐる長い地下道を通って、反対側へ出ます。
階段を上がると、イベント会場の入口でしたが、特に、派手な看板やゲートはありませんでした。
(写真4 尾久駅・尾久車両センター下の地下道)
尾久駅・尾久車両センター下の地下道

車両センター内に入ると、まず一番手前にあった車両は185系で、休憩室としても利用されていました。
(写真5 展示車両 185系)
展示車両 185系

そのとなりには、架線保守車両の高所作業車(マジックボーイ)の展示と、お子さん対象の体験乗車が実施されていました。
(写真6 架線保守車両の高所作業車)
架線保守車両の高所作業車

たくさんの車両が見られた「尾久車両センター ふれあい鉄道フェスティバル」の話題も、何回かに分けて掲載していく予定で、つづきます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する