にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2014年11月8日(土)に、西武秩父線横瀬車両基地で開催された「西武トレインフェスティバル2014 in 横瀬」の様子からの2回目です。

たくさんの保存車両が展示されていましたけれど、まずは、特急として活躍した西武5000系(レッドアロー)です。
鉄道おもちゃのプラレールとしても発売されていて、ずいぶん前に廃版となっていますが、今でも人気の車両です。
(写真1 西武5000系 保存車両)
西武5000系 保存車両

後ろ側から見ても、いい形をしています。また、保存状態もとてもよいようです。
(写真2 西武5000系 クハ5500)
西武5000系 クハ5500

つづいては、351系です。子供の頃に西武鉄道を利用したことがないので現役の時を知りませんが、三岐鉄道、総武流山鉄道、伊豆箱根鉄道、大井川鐵道の各社でも活躍したとのことです。
(写真3 西武351系 保存車両)
西武351系 保存車両

旧型車両らしい、側面のデザインもすてきです。
(写真4 西武351系 モハ505)
西武351系 モハ505

このイベントでは記念撮影用に、西武鉄道のキャラクター、スマイルちゃんとレイルくんのボードがありました。
(写真5 スマイルちゃんとレイルくん)
スマイルちゃんとレイルくん

その付近には、見慣れないキャラクターの着ぐるみがいましたが、横瀬町のゆるきゃらで、「ブコーさん」というそうです。由来がわかりやすい名前ですね・・・。
(写真6 横瀬町のゆるきゃら ブコーさん)
横瀬町のゆるきゃら ブコーさん

「西武トレインフェスティバル2014 in 横瀬 から」は、東京メトロのイベント「メトロファミリーパーク in AYASE 2014」と同時進行で、他の話題とともに、しばらく順番に掲載していく予定です。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する