にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
グリーンマックス・エボリューションキット103系(鉄道模型・Nゲージ)は、先頭車クハ103 2両に続き、冷房改造車・非ユニット窓で増結用中間車2両セットの、モハ103とモハ102を青色22号(スカイブルー)で製作しました。
京浜東北線・横浜線のどちらでも使用できるように、側面方向幕は「大船」としました。
(写真1 グリーンマックス 103系 非ユニット窓・冷改 中間車2両)
グリーンマックス 103系 非ユニット窓・冷改 中間車2両

今回製作したモハ103とモハ102の2両全体です。
(写真2 モハ103+モハ102 青22号塗装)
モハ103+モハ102 青22号塗装

このうち、モハ103のパンタグラフには、KATOのPS16Bを使用しました。
キットの配管や避雷器もとても細かく再現されています。
(写真3 モハ103 パンタグラフ・配管・避雷器)
モハ103 パンタグラフ・配管・避雷器

そして、もう一両のモハ102には、MG用(冷房機用電源)の冷却風取入口(グリル)まであります。ただ、実車は片側だけだったと思いますが、キットは両側にこれが着いています。※両側で正しいそうです。(詳細は、追記参照)
(写真4 モハ102 MG用風道グリル)
モハ102 MG用風道グリル

同じく、モハ102の妻面も、表現できるものは何でもというくらいに作られています。さらに色差しをすれば、もっとリアルになりそうです。
(写真5 モハ102 妻面)
モハ102 妻面

グリーンマックス EVOキット 103系は、これで4両できあがりましたので、先頭車のクハ103もつなげて写真を撮ってみました。
(写真6 クハ103-500+モハ103+モハ102・・・ GM EVOキット)
クハ103-500+モハ103+モハ102・・・ GM EVOキット

基本的なところは、前回の先頭車と同じですので、台車含む床下は、KATO製を使っています。
また、貫通扉はガイアカラーの灰緑色(かいりょくしょく)、屋根などは ねずみ色1号で塗装し、インレタはGM製です。

次は、クモハ103やサハ103も作りたいと思っています。

[2014/11/03 追記]
モハ102側面のグリル数について、ntmuseum様よりお知らせいただきました。冷房改造車・新製冷房車は(一部を除き)、両側とも3箇所で合っているとのことでした。
また、手持ちの書籍でも確認したところ、モハ102の非冷房車もMG(電動発電機)があり、こちらは、片側のみが3箇所ということで、記憶違いでした。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する