にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
ずっと気になっていた鉄道模型・Nゲージ、グリーンマックス・エボリューションキット103系の製作を行いました。
今回は、クハ103(低運・冷房改造車・非ユニット窓)の2両キットで、うち1両は前面のジャンパー栓部分を削除して、偶数向け・片栓構造車の500番台としました。
(写真1 グリーンマックス エボリューションキット 103系)
グリーンマックス エボリューションキット 103系

塗装は、京浜東北線(横浜線混色)のため、青22号でボディーをスカイブルーとし、屋根はキット指定のねずみ色1号、また、冷房機やベンチレーターは、KTAO製品とのバランスで塗り分けせずに同じ色としています。
このほか、貫通扉と運転台との仕切りは、淡緑(たんりょく)1号のかわりに、ガイアカラーの灰緑色(かいりょくしょく)で代用しました。
(写真2 103系 連結面・貫通扉)
103系 連結面・貫通扉

このキットは、塗装に気をつかう以外は、比較的簡単にきれいに仕上がります。ただし、方向幕の外付けパーツだけは、ゴム系の接着剤が必要だっり、はめづらかったりと、ちょっと手がかかりました。
そして、何よりも面倒なのは、車両番号や各種表記などのインスタントレタリングの貼り付けです。
(写真3 Nゲージ 103系 側面前方)
Nゲージ 103系 側面前方

室内灯の取り付けなど、もう少し作業を行う予定ですが、いったん完成としたクハ103と、ウグイス(山手線)から塗り替え・インレタ貼り付け済みで、KATOの高運転台・ATC車 クハ103と並べてみました。
(写真4 京浜東北線・横浜線仕様 低運転台・高運転台)
京浜東北線・横浜線仕様 低運転台・高運転台

並んでいるところを正面からみても、ともにいい感じだと思います。これから、ますます楽しくなりそうです。
(写真5 GM EVOキットとKATO高運103系との並び前面)
GM EVOキットとKATO高運103系との並び前面

ちなみに、グリーンマックス エボリューションキット クハ103 2両の内容です。
足回りは別売り(GMのほか各社対応)で、この製作はKATOの床下・台車を使用しています。
(写真6 グリーンマックス エボリューションキット クハ2両の内容)
グリーンマックス エボリューションキット クハ2両の内容

次は、機会を見て、中間車のモハ103+モハ102も製作したいと思っています。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する