にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2014年10月4日に、横浜市交通局新羽車両基地で開催された「はまりんフェスタin新羽2014」の続きの7回目です。

前回記事で予告していたモーターカー(MC)の乗車体験からです。
地味なモーターカーも、ライトをつけて車両基地内を走行する姿は、かなり格好良く見えました。
(写真1 車両基地内を走行するモーターカーと乗車体験)
車両基地内を走行するモーターカーと乗車体験

この乗車体験は、複数のモーターカーを使って行われていて、普段は乗ることのできない貴重な体験となります。
(写真2 モーターカー乗車体験)
モーターカー乗車体験

そのモーターカーが走行するところでは、同時に「転てつ機・MC合図体験」も実施されていて、他の鉄道イベントでもあまり見ないような、すてきな機会となっていました。
(写真3 転てつ機・MC合図体験)
転てつ機・MC合図体験

さらに、モーターカーの走行にラインをバックに、グリーンラインの行先表示器やパンタグラフなどの展示がありました。
このときは、JR横浜線と接続している「中山」駅を表示していました。
(写真4 グリーンラインの行先表示器・パンタグラフなど)
グリーンラインの行先表示器・パンタグラフなど

そして、横浜市営地下鉄の軌道自転車です。
(写真5 軌道自転車)
軌道自転車

ここは、ブルーラインの新羽車両基地なため、グリーラインの軌道検測車“G-Track”は、写真などでの紹介となっていました。
(写真6 軌道検測車の説明)
軌道検測車の説明

「はまりんフェスタin新羽2014」は、他の話題を入れながら、あともう少し続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する