にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2014年8月9日・10日の2日間にわたり、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された「鉄道模型コンテスト2014」の19回目、モジュールレイアウト部門の続きです。

今回は、某テレビ番組の予告編にも登場している横浜富士見丘学園中等教育学校 地理研究部のレイアウトからです。
箱根登山鉄道の宮ノ下駅を再現したもので、紫陽花やライトが光る演出はとてもすてきでした。
(写真1 横浜富士見丘学園中等教育学校 地理研究部)
横浜富士見丘学園中等教育学校 地理研究部

次は、(大阪の)天王寺駅付近をモデルにして、あべのハルカス、南海天王寺支線、阪堺電車などを作ったという上宮高等学校のレイアウトです。
バスもたくさん並べられていたりして、賑やかな通りの様子はおもしろいと思いました。
(写真2 上宮高等学校)
上宮高等学校

つづいて、太陽光や風力など、自然エネルギーによる発電をテーマにした。星翔高等学校 機械研究部のレイアウトです。
学校のマスコットキャラクターがアピールしています。紹介しくださった先生がとても楽しそうだったのが印象的でした。
(写真3 星翔高等学校 機械研究部)
星翔高等学校 機械研究部

4校目は、海外の風景をモデルにした都立杉並工業高等学校 模型工作部のレイアウトです。
マッターホルン登山鉄道の氷河特急ということで、夏の暑い季節でしたので、涼しげな山の景色がいいなと感じました。
(写真4 東京都立杉並工業高等学校 模型工作部 鉄道模型班)
東京都立杉並工業高等学校 模型工作部 鉄道模型班

そして、不思議な建物があるレイアウトは、目黒学院中学・高等学校 鉄道研究部の作品で、中銀カプセルタワービルという、東京・銀座に実在する建物がモデルとなっています。
(写真5 目黒学院中学・高等学校 鉄道研究部)
目黒学院中学・高等学校 鉄道研究部

今回の最後は、メインのお城を、紙と木と“夢”で作ったという芝浦工業大学中学高等学校 鉄道研究部の作品です。
自然を意識して緑が多く配置されているため、派手な割には落ち着く景色になっていると思います。
(写真6 芝浦工業大学中学高等学校 鉄道研究部)
芝浦工業大学中学高等学校 鉄道研究部

鉄道模型コンテスト2014は、次回20回目が最後となります。別の記事を数回入れた後の掲載を予定しています。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する