にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2014年10月4日に、横浜市交通局新羽車両基地で開催された「はまりんフェスタin新羽2014」の続きの6回目です。

フェスタでは、保守用車両の展示などもありました。
中でも、「自走式 軌道検測車 B-Track」は目立ちました。
(写真1 横浜市交通局 軌道検測車 B-Track)
横浜市交通局 軌道検測車 B-Track

B-Trackの“B”は、ブルーライン用ということで、グリーンライン用は“G-Track”と命名されています。
なお、この車輌は日立製作所(車両は松山重車輌工業、検測装置は日立ハイテクファインシステムズ)製とのことです。
(写真2 自走式 軌道検測車 B-Track 全体)
自走式 軌道検測車 B-Track 全体

このほかにも、モーターカーやレール運搬トロリーなどの保守用車両が展示してありました。
一部のモーターカーは体験乗車なども行っていました。※続きの回で、もう少し取り上げる予定です。
(写真3 モーターカーなど保守用車両)
モーターカーなど保守用車両
(写真4 レール運搬トロリー)
レール運搬トロリー

さらに、駅や市営バスの施設などの保守を行っている設備区の車両もあり、こちらも、体験できるよなコーナーが設けられていました。
(写真5 設備区の お仕事カー)
設備区の お仕事カー
(写真6 お仕事カー体験コーナー)
お仕事カー体験コーナー

「はまりんフェスタin新羽2014」は、他の話題を入れながら、あと数回続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する