にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
台風の接近による雨や人身事故の影響で東海道線や京浜東北線のダイヤが乱れ混乱しているところに、乗車していた山手線も車両故障で、急遽、運転が打ち切られ、乗客を降ろした後「回送」表示となりました。
(写真1 車両故障で運転が打ち切られ「回送」表示に 上野駅)
車両故障で運転が打ち切られ「回送」表示に 上野駅

この列車には、日暮里駅から乗車しましたけれど、同駅では到着の際にホーム途中で急停車し、まさか・・・と思いましたが、ホームの様子は落ち着いていたので、別の理由ではないかと・・・。その後、緊急停止信号を誤って受信した状態になる故障と案内がありました。すでに列車は遅れての到着でしたから、日暮里より前の駅からすでに不具合があったようでした。
簡単な車両点検の後に運転を再開し、低速で2駅ほど動かしたものの、上野駅で運転打ち切りとなり、表示が「回送」にかわり発車していきました。
(写真2 車両故障によりホーム途中で停車した山手線 日暮里駅)
車両故障によりホーム途中で停車した山手線 日暮里駅

後続の列車で、目的地の御徒町駅へ向かい、そこで下車しますと、留置線から高崎線として出発した列車と、東北縦貫線(上野東京ライン)の試運転表示の列車の併走が見られました。
(写真3 高崎線と東北縦貫線・試運転の併走 御徒町駅)
高崎線と東北縦貫線・試運転の併走 御徒町駅

京浜東北線、山手線、共にダイヤが大幅に乱れて列車が来ないところに、軽快に走行している上野東京ラインをみると、開業するととても便利になりそうだと思いました。

本日は後ほど、昨日5日(日)に行われた「都電荒川線のイベント」の記事などを掲載する予定です。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する