にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2014年10月4日に、横浜市交通局新羽車両基地(最寄り駅:横浜市営地下鉄・新横浜北駅)で開催された「はまりんフェスタin新羽2014」の続きで、2回目・地下鉄編1です。

地下鉄関連は、イベントでしか見られない保存車両の1000形からです。
引退してからだいぶ経ちますが、そのままの状態で保存してあるのはうれしいところです。
(写真1 横浜市営地下鉄 1000形 保存車両)
横浜市営地下鉄 1000形 保存車両

運行しているときは冷房装置がないなど、決して乗り心地のよい車両ではありませんでしたけれど、登場時からのこの形式は忘れることのできない車両です。
(写真2 横浜市営地下鉄 1000形 側面)
横浜市営地下鉄 1000形 側面

1000形の車内にも入ることができました。なお、うち1両は立ち入ることができないようになっていて、車内の撮影がしやすくなっていました。
(写真3 横浜市営地下鉄 1000形 車内)
横浜市営地下鉄 1000形 車内

このほか、シートが外されていて、中を見られるようになっていたり、車内から床下機器をみられるようにもなっていました。
(写真4 1000形 椅子の内部)
1000形 椅子の内部
(写真5 1000形の車内から床下機器をみる)
1000形の車内から床下機器をみる

それから、10月上旬にも関わらず、台風の接近で気温が高かったため、冷房の効かない車内は、体感的にも懐かしい感じです。とても、久しぶりに1000形の車両を楽しみました。
(写真6 横浜市営地下鉄 ドア上部の路線案内)
横浜市営地下鉄 ドア上部の路線案内

なお、4日は、このイベントのほか、JR南武線では、E233系の出発セレモニーが行われたり、横浜駅では「YOKOHAMAトレインフェスティバル2014」(5日まで)が開催されるなど、近隣だけでも多くの鉄道イベントがあって、どこに行くか迷ってしまいます。

次回の「はまりんフェスタin新羽2014」は、市営バス編を予定しています。

本日は、このほかに「はまりんフェスタin新羽2014 (1)市営バス編1」の記事があります。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する