にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2014年8月9日・10日の2日間にわたり、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された「鉄道模型コンテスト2014」の16回目、モジュールレイアウト部門の続きです。
※参加校がとても多いため、申し訳ありませんが、掲載は一部の出展となります。

今回は、都電荒川線最新型の8800形がある立教中学校・高等学校 鉄道愛好会のレイアウトからです。
しかし、よく見ると街の様子は昭和な昔風です。
(写真1 都電と昔の風景のレイアウトから)
都電と昔の風景のレイアウトから

作品は、「都電、いまむかし」というタイトルで、意図して配置されているもののようです。
それにしても、とてもすてきな仕上がりとなっています。
(写真2 立教中学校・高等学校 鉄道愛好会)
立教中学校・高等学校 鉄道愛好会

つづいては、踏切付近の雰囲気が、特に気になった自由ヶ丘学園学園高等学校 鉄道研究部のレイアウトです。
(写真3 踏切付近が特に印象的なレイアウトから)
踏切付近が特に印象的なレイアウトから

架線も張られていたり、レイアウト上の人物など、いろいろと細かいとこまで作られています。
(写真4 自由ヶ丘学園学園高等学校 鉄道研究部)
自由ヶ丘学園学園高等学校 鉄道研究部

次は、シンプルですが、どこを再現したかすぐにわかる 浅野学園 鉄道研究部のレイアウトで、JR中央線の線路ほか、万世橋・(旧)交通博物館付近です。
(写真5 浅野学園 鉄道研究部)
浅野学園 鉄道研究部

今回の最後は、海外の街の景色のレイアウトで、灘中学校・灘高等学校 鉄道研究部の作品です。
建物の前に車両が置かれていますが、レイアウト同士を接続するタイミングでしたので、本当は軌道上にあったと思われます。
路面電車が、とても似合う街並みです。
(写真6 灘中学校・灘高等学校 鉄道研究部)
灘中学校・灘高等学校 鉄道研究部

鉄道模型コンテスト2014のモジュールレイアウト部門は、あと数回続きます。

関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する