にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2014年8月9日・10日の2日間にわたり、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された「鉄道模型コンテスト2014」の15回目、モジュールレイアウト部門の続きです。
※参加校がとても多いため、申し訳ありませんが、掲載は一部の出展となります。

線路から見る建物へと続く道と人々の情景が、ちょっと気になるレイアウトからです。
この角度から見えないところには、売店らしきものがあったりもします。このほか、レイアウト上にはE231系の山手線などがありました。
(写真1 海と山のレイアウトのワンシーン)
海と山のレイアウトのワンシーン

このレイアウトは、昭和第一学園高等学校 建築デザイン部の作品で、海と山もあり、とてもよい景色です。
(写真2 昭和第一学園高等学校 建築デザイン部)
昭和第一学園高等学校 建築デザイン部

つづいては、切り通しのようなところに、東急線(多摩川線の車両)が走行しているシーンの駒場東邦中学・高等学校 鉄道研究会のレイアウトです。
線路上に道路が通っているのが、より立体感がでていいなと思いました。
(写真3 駒場東邦中学・高等学校)
駒場東邦中学・高等学校 鉄道研究会

次に、東葛飾スーパー林鉄と名付けられた架空の路線のレイアウトです。
一瞬、実在のものかと思ってしまうよな説明書きがあったりするものの、車両は鹿島臨海鉄道なのですぐに気がつきますが、なかなかおもしろい演出です。
(写真4 千葉県立東葛飾高等学校 鉄道研究部)
千葉県立東葛飾高等学校 鉄道研究部

そして、もう一つ橋のシーンは、八戸工業高等専門学校 総合鉄道研究会のJR八戸線「馬淵川橋梁」のレイアウトです。
身近できれいな風景を作品として残せるのは、とてもすてきなことだと思います。
(写真5 八戸工業高等専門学校 総合鉄道研究会)
八戸工業高等専門学校 総合鉄道研究会

5校目は、京阪電鉄・伏見稲荷駅の 同志社香里中学校・高等学校 旅鉄部のレイアウトです。たくさんの人で賑わっている様子がすごいです。
(写真6 同志社香里中学校・高等学校 旅鉄部)
同志社香里中学校・高等学校 旅鉄部

他の話題を入れながら、鉄道模型コンテスト2014のモジュールレイアウト部門は、あと5回の掲載を予定です。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する