にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
Bトレインショーティーの「京急電鉄 デト11・12」の屋根が、実車と比べてとても濃い色であることが気になっていました。※Nゲージ・鉄道模型化済み。
そこで、グリーンマックスの鉄道カラー 灰色9号で塗装し直してみました。(なお、プラレールの製作では、Mr.カラー 97の灰色9号を使用していました。)
参考として、こちらも屋根が本当は明るい色の京急1500形を並べてみましたが、実車は汚れてくるとかなり濃い色に見えてくるので、デトよりは製品のままでも違和感は感じないかもしれません。
(写真1 Bトレ 京浜急行1500形とデト11・12形)
Bトレ 京浜急行1500形とデト11・12形

ちなみに、 塗装変更前で、製品のままのBトレ 京急電鉄デト11・12の屋根は、かなり濃い色でイメージが大きく変わると思います。
(写真2 塗装変更前 製品のままの Bトレ 京急電鉄デト11・12)
塗装変更前 製品のままの Bトレ 京急電鉄デト11・12

そして、今回の塗装の際には、1500形からの玉突きで動力を使用していたため、これに取り付けた台車レリーフ(カトーのため固定)も塗って、色を合わせました。
このほか、動力化の際に、救援資材のコンテナを、やはり実車のように使いたくなかったため、KATOの動力を使用してむき出しになっていたモーターに、積み荷風のカバーを取り付けました。

今後も、ときどき走らせて楽しみながら、ライト点灯化など、作業を続けていきます。
関連記事
コメント
コメント
すっきりとした荷台の方が
うらしま 様

記事を見ていただき、またコメントなどありがとうございます。

さて、デト11-12の動力化ですが、製品としてはいいアイディアだったと思うものの、やはり、できるだけコンテナは載せたくないと考えています。
うらしまさんも動力部分については、加工(改造)されたとのことで、より実車に近くなり、楽しまれていると思います。

それから、屋根の色は、Bトレと割り切っていたせいか、あまり気にしていませんでしたが、これまでの2100形なども同じ濃い色で、気になり出すとみんなやってしまいたいと思いはじめています・・・。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
2014/10/15(水) 13:26:25 | URL | Panda NEKO No.1 #cZE63iUQ [ 編集 ]
はじめまして
初めまして、うらしまと言います。
屋根の塗装、参考にさせていただきます。
自分もBトレのデトの運転台内にモーターを入れてN化して走らせています。
やはりデト11・12の荷台は何もない方が本物っぽいですよね?
2014/10/15(水) 12:34:45 | URL | うらしま #rnfB8T4M [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する