にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2014年8月9日・10日の2日間にわたり、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された「鉄道模型コンテスト2014」の11回目、モジュールレイアウト部門の続きです。
※参加校がとても多いため、申し訳ありませんが、掲載は一部の出展となります。

今回は、貨物列車のある修徳中学・高等学校 鉄道部のレイアウトからです。
(写真1 貨物列車のあるレイアウト)
貨物列車のあるレイアウト

作業中の人や信号機など、細かいところもいろいろと工夫されています。
(写真2 修徳中学・高等学校 鉄道部)
修徳中学・高等学校 鉄道部

つづいては、聖学院中学校高等学校 旅と鉄道部の東北縦貫線(上野東京ライン)の工事中の様子です。秋葉原駅付近をとてもよく再現しています。
(写真3 聖学院中学校高等学校 旅と鉄道部)
聖学院中学校高等学校 旅と鉄道部

こちらも、実際にある風景を再現もので、横浜線を中心に、京浜急行線の子安駅付近のレイアウトです。
モジュールを接続する時間で車両がありませんが、横浜線などの車両が置かれていたら、すぐにわかるくらいよくまとめられていると思います。
(写真4 県立神奈川総合産業高校 鉄道研究部)
県立神奈川総合産業高校 鉄道研究部

そして、都会を離れて雪景色の風景は、岡山高等学校 地理同好会のレイアウトです。
真っ白な雪景色ではなく、少し解けたような感じを表現しているのがすてきです。
(写真5 岡山高等学校 地理同好会)
岡山高等学校 地理同好会

5校目は、先日掲載した校庭(サッカー)のような、実際には列車が通らないところにレールが敷かれている洛南高等学校・付属中学校 鉄道研究部のレイアウトです。
しっかりと作られたジオラマですので、ゆっくりと電車が通れば、それな光景も決して現実離れしているとは言いがたいと感じるほどです。
(写真6 洛南高等学校・付属中学校 鉄道研究部)
洛南高等学校・付属中学校 鉄道研究部

鉄道模型コンテスト2014のモジュールレイアウト部門は、他の話題を入れながら、もうしばらく続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する