にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
少し前の記事で、横浜線用103系の中でサハ103 1両だけがTOMIXの国鉄103系通勤電車 初期型非冷房車 ウグイス(Nゲージ)で、この車両の室内灯に、互換パーツで F MODELSのillumi(イルミ)を入れたという話を掲載しました。
価格も純正品に比べてお手頃で、とても便利ですが、実車のような雰囲気になるように光量を抑えたテープ(フレキシブル基板)LEDの車両と連結した場合に明るすぎてしまうため、illumiは別の車両に使うことにして、明るさ調整のできるテープLEDをトミックス(または、マイクロエース)仕様にして付け替えてみました。
(写真1 TOMIX 国鉄103系通勤電車 初期型非冷房車 ウグイス)
TOMIX 国鉄103系通勤電車 初期型非冷房車 ウグイス

作り方は簡単で、ブリッジダイオードの入力側にバネを半田付けし、ABS樹脂板(またはプラ板など)にテープLEDを両面テープで貼り付けました。
ちなみに、ABS樹脂板とバネは、鉄道おもちゃ(プラレール)の製作や修理用に、東急ハンズで購入して使っているものを、鉄道模型に使ってみました。
(写真2 テープLEDをトミックス仕様の室内灯へ)
テープLEDをトミックス仕様の室内灯へ

また、このテープLEDは、庄龍鉄道製のキットですので、KATO用と共通で入っている集電板でも何ら問題ありませんが、製作のバリエーションとして作ってみました。コスト的にも、そんなに追加にならないので、この方法もありかなと思いました。
(写真3 トミックス 山手線色サハ103とテープLEDの室内灯)
トミックス 山手線色サハ103とテープLEDの室内灯

トミックスやマイクロエースの純正品や、その他互換製品と同じように取り付けることができるようになりました。
103系に限らず、車両が変わっても共通ですので、同じように製作することができます。
(写真4 室内灯を取り付けた様子)
室内灯を取り付けた様子

近々、マイクロエースの北総鉄道(都市基盤整備公団)9100形の室内灯を取り付ける予定があるので、どちらの方法で進めるか迷っているところです。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する