にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2014年8月9日・10日の2日間にわたり、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された「鉄道模型コンテスト2014」の7回目、モジュールレイアウト部門の続きです。
※参加校がとても多いため、申し訳ありませんが、掲載は一部の出展となります。

今回のはじめは、東急東横線・東京メトロ副都心線の渋谷駅からです。地下ホームの様子がとてもよく再現されているのは、昭和鉄道高等学校の作品からです。
(写真1 移り変わる東急渋谷駅)
移り変わる東急渋谷駅

田園都市線・半蔵門線のホームや地上の銀座線の線路までしっかりと作られていて、魅力たっぷりのレイアウトでした。
(写真2 昭和鉄道高等学校)
昭和鉄道高等学校

つづいても、渋谷駅です。“澁谷から Shibuya へ ~街の物語~”と題された作品は、立正中学高等学校 鉄道研究部の製作です。昭和40年代の様子と、現代の様子を同時に再現しています。
(写真3 澁谷から Shibuya へ ~街の物語~)
澁谷から Shibuya へ ~街の物語~

もう見られなくなってしまった東急東横線の地上ホームも作られていました。
(写真4 立正中学高等学校 鉄道研究部)
立正中学高等学校 鉄道研究部

場面は都会からのどかなシーンへと移ります。箱根登山鉄道の箱根湯本駅をコンパクトに収めた紅葉の箱根です。
いろいろと大変忙しい時間帯でしたが、とても親切に対応してくださいました。ありがとうございました。
(写真5 日本大学藤沢高等学校・中学校 鉄道研究部)
日本大学藤沢高等学校・中学校 鉄道研究部

もう一つ、山のシーンは、リニアモーターカーの実験線がある国立奈良工業高等専門学校 機械研究会のレイアウトです。
発電所もあり、ジオラマの風景とは別てすが、太陽光発電で発電量を表示するようになっているのもおもしろいところです。
(写真6 国立奈良工業高等専門学校 機械研究会)
国立奈良工業高等専門学校 機械研究会

鉄道模型コンテスト2014のモジュールレイアウト部門のご紹介は続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する