にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2014年8月9日・10日の2日間にわたり、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された「鉄道模型コンテスト2014」の4回目、一畳レイアウト部門からです。
※すべての出展をご紹介することはできませんので、あらかじめご了承ください。

この部門で、一番気になったのは、東京都立大崎高等学校 ペーパージオラマ部の「レーティッシュ鉄道」のレイアウトでした。
(写真1 レーティッシュ鉄道のジオラマ)
レーティッシュ鉄道のレイアウト

本来の角度からも、また、見上げるように見ても、山岳鉄道の雰囲気を楽しむことができます。
(写真2 東京都立大崎高等学校 ペーパージオラマ部)
東京都立大崎高等学校 ペーパージオラマ部

山岳鉄道といえば、箱根登山鉄道の車両がみられたのは、開智中学・高等学校 鉄道研究部です。
その後ろには、JR東日本の新幹線もありました。雪のシーンがとてもきれいです。
(写真3 開智中学・高等学校 鉄道研究部)
開智中学・高等学校 鉄道研究部

つづいては、工場や随所に見られるウェザリング塗装にこだわりを感じる「海城中学・高等学校 鉄道研究会」のジオラマからです。
(写真4 海城中学・高等学校 鉄道研究会)
海城中学・高等学校 鉄道研究会

そして、江差線(江差駅)をモデルにしたという桐蔭学園高等学校 鉄道研究部のレイアウトです。紙で作っている部分も多くありますが、表見したいものがしっかりと伝わってくる作品だと思いました。
(写真5 桐蔭学園高等学校 鉄道研究部)
桐蔭学園高等学校 鉄道研究部

このほか、海外風の風景がいい感じの、白梅学園清修中高一貫部 鉄道模型デザイン班のジオラマです。
写真には写っていませんが、その先の山の上にも建物があります。
(写真6 白梅学園清修中高一貫部 鉄道模型デザイン班)
白梅学園清修中高一貫部 鉄道模型デザイン班

次回の「鉄道模型コンテスト2014から」も、一畳レイアウト部門の続きです。
関連記事
コメント
コメント
鉄道模型コンテストも楽しいです
た625 様
JAMと同居していた頃とは全く別物になって、大変賑やかになった鉄道模型コンテストは、とても楽しいと思います。
JAMと開催日が少し離れてしまっているため、遠くからですと、一度に見ることが難しくなってしまっていますが、機会があればおすすめできるイベントの一つです。
出展されているレイアウト(ジオラマ)は、着目点がどれもおもしろく、中には本当に丁寧に作り上げられているものもあります。
それから、車両部門のマルチプルタイタンパーは、私もすごいと思いました。
HO(16番)は、いいなと思わせてくれるような、すてきな作品でした。
2014/09/06(土) 09:04:30 | URL | Panda NEKO No.1 #cZE63iUQ [ 編集 ]
こんばんは
すごいですね!
中高生の作品とのことですが、頑張って作っている風景が目に浮かびます。
出来ることなら、JAMと一緒に、こっちも見たかった(汗)
それと、南海か前の記事で紹介されていたマルタイ!
さすがは灘高(汗)
大人顔負けです。
うちの子も、これくらい作ってくれたら。。。(笑)
2014/09/05(金) 23:17:36 | URL | た625 #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する