にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
冷房車(高運転台を含む)と非冷房車が混在する6+4の京浜東北線103系(Nゲージ)のライト点灯化をしましたが、中間に挟み込んだ、KATO 通勤電車103系(KOKUDEN)が、鉄道模型というより、おもちゃに見えてしまいます。
先日、某量販店のレビューに、方向幕と運行灯部分などを白く塗装した写真が投稿されていて、とてもいい印象だったので、同じく白くしてみることにしました。
(写真1 KATO 通勤電車103系の方向幕と運行灯を白く塗る)
KATO 通勤電車103系の方向幕と運行灯を白く塗る

実際に、自分でもためしてみたところ、加工後と加工前の車両を比べてみると、ほんの少しのことで、やはり大きく印象が変わりました。
(写真2 方向幕部分の加工後と加工前)
方向幕部分の加工後と加工前

なお、加工については、はじめ簡単に済ませようと、ガンダムマーカーの白を使いました。しかし、かなりゆるめで、中央部分に元の色が出てきてしまいました。
(写真3 タミヤカラーエナメル塗料とガンダムマーカー)
タミヤカラーエナメル塗料とガンダムマーカー

そこで、タミヤカラーエナメル塗料を筆で流し込むようにして、希望通りにできました。
ちなみに、濃いと流れず、ちょっとでも溶剤を入れすぎると、ガンダムマーカー使用時と同じようになり、溶剤の加減がかなり難しと感じました。
(写真4 ガンダムマーカーを使ってのテスト)
ガンダムマーカーを使ってのテスト
※この練習用オレンジでのテストは、ガンダムマーカー使用で
 採用しなかった方法です。(仕上げもしていません。)

普段は、中間で連結されているため、あまり目立ちませんが、それでもかなりいい感じになったように思います。
これなら、方向幕のシールを貼れば、さらに模型にらしくなるような気もします。
(写真5 KATO 通勤電車103系 先頭車同士の連結部分)
KATO 通勤電車103系 先頭車同士の連結部分

とても、よいヒントをもらいました。103系は、これからも、少しずつ手を入れていきます。

本日は、このほかに「第36回鉄道模型ショウ2014から (9)」の記事があります。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する