にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
鉄道模型の入門として手軽に始められるシリーズのNゲージ「KATO 通勤電車103系 KOKUDEN」(ブルー)の室内灯(非対応)の点灯化を、動力車のクモハ103に続き、トレーラー車両にも行いました。
(写真1 通勤電車103系 KOKUDEN タイプのライト点灯化)
通勤電車103系 KOKUDEN タイプのライト点灯化

まずは、サハ103(現在販売なし)と、クハ103(KOKUDEN 現行品)は、車体側を改造して、ATC・冷房車タイプの足回りを使用しました。
これは、サハ103・クハ103の床板(床下機器)が共通となっているのと、強度が弱くパーツや爪が折れやすいためです。
(写真2 ブルー サハ103 KATO Nゲージ)
ブルー サハ103 KATO Nゲージ

モハ102(KOKUDEN 現行品)は、車体はそのままで、床板に集電用の穴を開けて集電シューをつけたり、台車に手を加えて集電板を取り付けました。
(写真3 ブルー モハ102 KATO Nゲージ)
ブルー モハ102 KATO Nゲージ

この完成によって、6+4(うち4両が非冷房)の103系京浜東北線10両・ATC編成すべてに室内灯が点灯するようになりました。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する