にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
東京ビッグサイト(東京都江東区有明)で、昨日(2014年6月12日)より、東京おもちゃショー2014が始まり、前半12日(木)と13日(金)の関係者向けの商談見本市に行ってきたという話題の続き3回目です。
※一般公開日は、明日からの後半14日(土)・15日(日)となります。

このおもちゃショーで、新展開を発表するとしていたプラレールアドバンスのコーナーからです。
(写真1 プラレールアドバンスのコーナー)
プラレールアドバンスのコーナー

その新展開とは、IR(赤外線)コントローラーで、前進・後進のほか、15段階の速度調節などができるシステムで、2編成まで同時にコントロールできて、追い抜き遊びなどが楽しめるというものです。
(写真2 発売予定のIRコントローラー)
発売予定のIRコントローラー

単品、追加パーツのほか、人気の北陸新幹線がセットとなった「W7系新幹線かがやき IRコントローラーセット」などが発売されます。
(写真3 発売予定品のかがやきIRコントローラーセット)
発売予定品のかがやきIRコントローラーセット

会場では、展示レイアウトを使っての操作説明なども行われていました。
(写真4 プラレールアドバンスの展示レイアウト)
プラレールアドバンスの展示レイアウト

なお、プラレールアドバンスの車両については、今後、ACS(アドバンスコントロールシステム)対応のものが順次発売される予定となっています。
(写真5 プラレールアドバンス 発売予定品 ACS対応)
プラレールアドバンス 秋の発売予定品 ACS対応

このほか、すでに発売されている京浜東北線、近鉄の観光特急「しまかぜ」などや、発売されたばかりの情景パーツなどを使った展示もありました。
(写真6 新発売・現行品のプラレールアドバンス など)
新発売・現行品のプラレールアドバンス など

新展開により、遊び方が広がるという点ではとてもよいことだと思います。ただ、少し辛口なことをいうと、最近の同社の製品は、Twitterやブログなどで一般の方が考案して公開したものや、他社から出ている製品を真似たようなものが多く、本家としての独自性について、今ひとつな感じがするのが気になるところです。
(写真7 ビッグおかたずけパトカー トヨタ86 ほか)
ビッグおかたずけパトカー トヨタ86 ほか

次回は、トミカ関連を中心にご紹介する予定です。

明日・14日(土)と15(日)は、一般公開日となります。混雑が予想されますが、たくさんのおもちゃで楽しめると思います。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する