にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
KATO Nゲージ・山手線103系高運転台ATC準備車(ATC化・横浜線改造済み)のライトユニットを、製品の電球からLEDに交換しました。※前後2両とも交換。
(写真1 103系 KATO Nゲージ LEDライト化 ヘッド)
103系 KATO Nゲージ LEDライト化 ヘッド

電球では、光が漏れる程度だった方向幕なども、副産物として明るく点灯するようになりました。
なお、ヘッドライトに、ウォームホワイト(ほぼ電球色)を使っているため、蛍光灯風とまでは行きませんけれど、電球のように濃い色になりません。
ヘッドライトそのものも、シールドビームらしくなりました。
(写真2 LEDライト化により方向幕も明るく点灯 横浜線)
LEDライト化により方向幕も明るく点灯 横浜線

テールライトも、元は同じ電球ですので、こちらもLED(赤)に交換しました。
(写真3 103系 KATO Nゲージ LEDライト化 テール)
103系 KATO Nゲージ LEDライト化 テール

このLED化で、ライトユニットに手を入れたことにより、うまく配線が出せることから、いつもの室内灯も一緒に取り付けました。手頃な値段で室内灯が付けられるのは、とても助かります。
(写真4 一緒に室内灯も取り付け)
一緒に室内灯も取り付け

それから、交換したLEDは、砲弾型3φ(mm)ではわずかに大きくて入らなかったため、どちらもチップLEDとしています。
また、元からついているダイオードは、(電流制限)抵抗の代わりに、CRD(定電流ダイオード)を使用したため、そのまま生かしています。
(写真5 2種類のチップLEDを使用)
2種類のチップLEDを使用

引き続き、横浜線の車両を、少しずつ育てていきたいと思います。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する