にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
KATOのNゲージで、旧動力のモハ103・非冷房車の動力を、清掃やギヤ調整などして動くようにしたことについて、先日記事にしました。その際に、室内灯の点灯化も一緒に行いましたので、ご紹介したいと思います。
(写真1 KATO Nゲージ モハ103 旧動力の室内灯点灯化)
KATO Nゲージ モハ103 旧動力の室内灯点灯化

京浜東北線103系の旧動力は、車両の真ん中あたりにモーターが室内に飛び出ています。
また、昔に型を作った製品のため、室内灯を点灯するようには想定されていません。しかし、LEDの照明を入れると、とてもいい感じになります。
(写真2 Nゲージ 103系 旧動力の室内灯点灯化 1両全体)
Nゲージ 103系 旧動力の室内灯点灯化 1両全体

室内灯点灯化には、このようなケースに便利な、いつもの庄龍鉄道製・新LED室内灯キット(ナチュラルホワイト)を使用しました。
(写真3 フレキシブル基板を使ったLED室内灯照明)
フレキシブル基板を使ったLED室内灯照明

キットの特徴の、比較的自由に長さを調整できる「フレキシブル基板」を使いますが、この車両の屋根裏は、グローブ形ベンチレーターの突起があって、普通の両面テープでは取り付けづらいため、スポンジタイプの両面テープ(ニチバン・ナイスタック)を使用しています。
(写真4 固定に使用したスポンジタイプの両面テープ)
固定に使用したスポンジタイプの両面テープ

そして、ブリッジダイオードまでの集電は、一方を動力の金属カバーに取り付けました。また、もう一方は、小さい穴を開けて車輪側の集電板に挟み込んでいます。いずれも、ハンダ付けは行ってません。
(写真5 Nゲージ 旧動力の集電方法1)
Nゲージ 旧動力の集電方法1
(写真6 Nゲージ 旧動力の集電方法2)
Nゲージ 旧動力の集電方法2
※連結器もアーノルドカプラーから交換しています。

このよう感じで、後のメンテナンスの際も、支障がないようにして無事に、室内灯照明の取り付けを行うことができました。
動力のない他の(古い型の)103系車両も、Bトレでの集電方法を生かして、室内灯を取り付けていきたいと思っています。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する